ページトップの画像

■ お遍路日和・・・

菜の花へんろ…、これは歩き遍路にとって、この頃がもっとも快適な季節であるということをさす言葉です。気候もよくなり早春の力強い息吹を全身で感じられるようになったこの時期が、お遍路さんたちにとって一年中で一番気分のいい季節であるということでしょう。 早春は、無意識のうちに我々の心を突き動かす季節です。が、人間は季節とは関係なく、決意ひとつで、自分の気持ちを動かすことができます。もし、心を奮い立たせたかったり、気持ちを切り替えたかったら…、そんな時は、霊場めぐりをしてみませんか。思いたったが吉日です。

■ 霊場のご案内

■ 平成のへんろみち

東国へんろは、四国へんろの写し霊場として関東の一都六県にまたがって新しく開創された霊場です。歴史は浅いのですが平成のへんろみちを歩くことで四国霊場の功徳をいただくことができると申します。皆さんもぜひ挑戦してみてください。

東国へんろの舞台である一都六県は、政治、経済、文化の中心である首都圏です。
だが、日本の中心地とはいっても、こと、巡礼文化に関しては、本場・四国には遠くおよびません。

もし、あなたが歩きへんろを志すのであれば多少の心構えが必要です。へんろは同行二人と申しまして、いつもお大師様があなたに寄り添っていてはくれますが、夕やみがせまり心細くなっても、足のマメが破れて途方にくれていても、ここでは、四国と違って手を差し伸べてくれる人はほとんどいません。また、公共交通機関とくにバスなどは本数も少なくことのほか不便です。そんなわけで東国へんろはマイカーがおすすめです。

ご夫婦二人でのマイカーによる巡礼が最高かと思います。お二人の絆がより強固なものになることでしょう。

ムラサキカイジ

メール